New Album “ELEGY in WINTER”
2014.3.16 on Sale

Takaaki Shibata / Motoko Mito / Rieko Kohno / Yosuke Ozawa

Elegy in Winter / Modern Japanese Musics for Mandolin and Strings Trio

冬のエレジー

マンドリンと弦楽トリオの為の現代邦人作品集
柴田 高明(マンドリン) / 三戸 素子(ヴァイオリン) / 河野 理恵子(ヴィオラ) / 小澤 洋介(チェロ)

このアルバムについて

マンドリンが、クラシックの独奏楽器として約300年の歴史と、独自のレパートリーを持つ楽器であることは、残念ながらほとんど認知されていません。

マンドリンは、18世紀には協奏曲の独奏楽器として、また室内楽やオペラにおいて弦楽器や管楽器との組み合わせでも重用されるなど、クラシックの独奏楽器として一定の地位を築いていました。そして19世紀前半には一度人々から忘れ去られ、19世紀後半にトレモロを主要奏法とした楽器として復活、イタリアにてマンドリンオーケストラが開発され、世界に普及していった、という歴史があります。この流れの中で、18世紀のマンドリン音楽はその存在を忘れ去られてしまい、本格的な再発掘は20世紀中ごろのドイツの作曲家・研究家K.ヴェルキ(1904-1983)や、マンドリン演奏家であった越智敬(1934-2010)、ウィーンのマンドリン演奏家V.ラドキー(1900-1971)らの活躍まで待たなければなりません。日本では、アカデミックな教育の不足から、18世紀マンドリン音楽の再発見が遅れており、この点で海外に比べ日本のマンドリン文化は遅れている、と言わざるを得ません。そして、この「クラシックの独奏楽器としてのマンドリン」の啓蒙は、私のマンドリン演奏家としての中核をなす活動となっています。

18世紀のマンドリン音楽の中心人物の一人に、ウィーンで活躍したジョヴァンニ・ホフマンという作曲家がいます。ホフマンは、特にマンドリンと弦楽という組み合わせの為に作品を残しており、協奏曲や、マンドリンとヴァイオリン、またヴィオラとの二重奏、そして“マンドリンと弦楽トリオ”の為に4曲の作品を残しました。

それから150年ほど後、ウィーンでマンドリン演奏家・教授として活躍した前述のラドキーが、ホフマンをはじめとするウィーン周辺で誕生した18世紀マンドリン音楽を再発見し、出版して広く世に紹介、そしてまた、同時代の作曲家に、マンドリンの為の作品を残すよう働きかけました。この時、H.ガル(1890-1987)、A.カウフマン(1902-1980)、N.シュプロングル(1892-1983)、A.ウール(1909-1992)、などにより、マンドリンオーケストラや、マンドリンを含む様々な編成の室内楽作品が残されました。その中に、ガル、ウール、カウフマンにより、“マンドリンと弦楽トリオ”の為の作品が残されているのです。ここに、18世紀にホフマンによって蒔かれた“マンドリンと弦楽トリオ”という種が、150年の時を超えて芽を出すことになりました。そしてこの種はドイツにも飛んでいき、H.ベンカー(1921-2000) 、W.ホフマン(1922-2003)、A.シュトライヒャート(1936-)、V.エルドマン=アベーレ(1944-)などにより、この編成の為の作品が出版されています。こうして、作品の絶対数は決して多くはないものの、このマンドリンの「点」の音と、弦楽の「線」の音のよる魅力的な響きが、約200年の時を超えてつながっているのです。

しかし日本では、この“マンドリンと弦楽トリオ”という伝統的な組み合わせに対し、未だ十分に対応できていません。ホフマンなどの古典作品が上演されないだけでなく、現代においても十分なレパートリーが発表されておらず(唯一桑原康雄の作品を除き)、これは近代以降のヨーロッパでの取り組みに比べ、大きな遅れと言えるでしょう。こうした現状を打破すること、そして、マンドリンがクラシックの独奏楽器として広く認知される為には、より多くの良質な室内楽作品が必要であることから、今回のCD『マンドリンと弦楽トリオの為の現代日本人作品集』の着想に至りました。桑原康雄の作品以外は全て2012年から2013年にかけて委嘱した作品で構成されていますが、同じ現代の日本人による作品であっても、様々なスタイルの作品を集めたCDになるよう心がけました。このCDが、多くの音楽を愛する皆様の楽しみと、将来のマンドリンの糧となるよう、心から願います。

柴田 高明

収録曲目

  • アストロナム四重奏曲 / 藤井 敬吾(1956-)

    Astronam Quartet / Keigo Fujii
  • 冬のエレジー / 桑原 康雄(1946-2003)

    Elegy in Winter / Yasuo Kuwahara
  • マンドリンと弦楽三重奏の為のコンチェルティーノ / 西澤 健一(1978-)

    Concertino per Mandolino e trio d'archi op.78 / Kenichi Nishizawa
  • マンドリン、ヴァイオリン、ヴィオラ、チェロの為の四重奏曲 / 小林 由直(1961-)

    Quartet for Mandolin, Violin, Viola and Violoncello / Yoshinao Kobayashi
定価 2,600円(税別)
品番 WNCD-1011
JANコード 4582373240116
発売元 ウッドノートスタジオ
CD取扱店 全国有名楽器店、Amazon.co.jp、他にて発売
発売日 2014年3月16日
 
© 2006-2017 Takaaki Shibata, Some Rights Reserved.